名古屋顛末記録

  • 2010.06.01 Tuesday
  • 11:03
※記事が長いです。
5/29(土)名古屋SlowBluesでのローションマニアックスのLIVEに向かう為、
南あわじの無農薬有氣畑から出た瞬間、
左足が全く動かなくなってしまった。
捻挫のようだが、足を捻った記憶がない。

天狗下駄でそら豆と人参を収穫してたのが原因か!?
いやいや、よくわからない。

前日にも下駄を履き、畑の中へ楽器を持って行って遊んでたし。

取り敢えず一歩も動けなくなったが、
行かなければLIVEに間に合わない。

神戸から新幹線に乗ろうと思っていたが、駅まで歩けないことは自分で分かっていたので、
大阪の鍼灸師である知人に連絡をとり、
一旦治療して貰うことにした。

鍼灸師曰く、昔やっていたサッカーの古傷であろうとのこと。
まずはマッサージ。
続いて頭と足と手に針をさして貰い、
ぶっとい針をバンバン刺されて足から悪い血を出して、

アロマでリラックスしたら、大分落ち着いた。
一歳児位のよちよち感で歩くことが出来るようになったので
そのまま名古屋へ向かう。
曰く、二週間は安静にしておくようにとのこと。
立ってLIVEするなんてもってのほかと言われてしまった。

なんとかかんとか這うようにしてSLOW BLUESへ到着。
満員のお客様でちょっとびっくり。

リハは間に合わなかったものの、ストーミー万太郎氏出演の「ふな」のLIVEには間に合った。

続いてTHE MAGIC STONES

最後にローション・マニアックス


最初は緊張したかな?でもリラックスして演奏できた。
何とか11:00迄に終了。

氣がついたら立って演奏していた。ちょっと足痛かったけど。
アンコールは上半身ハダカでやったら、
この世で一番美しいセクシー・イワに
「貧相な身体〜〜☆」と言われてちょっと恥ずかしかった。

次の日は名古屋市美術館に行き、
散々写真やら絵やらを購入して、


滋賀県奥石神社(おいそじんじゃ) に行き、

淡路に戻って用事を済ませ、

楽器の状態が良くなかった(STINGRAY2005Modelが順反りになっていた)ので治して、
ついでに装飾を施し、


メイン楽器(Fender Precision1966)にも装飾を施して、

一夜明けた本日、トレス・パレハ・カレントンのVo&Harpが神戸新聞に掲載されていた。


只今神戸。
長〜い記事にお付き合い頂きありがとうございました。
今日は、大阪:なんばhatchでJapan Blues Carnivalがあり、
ソロモン・バーク氏が出演するので観に行ってきます。


JUGEMテーマ:名古屋地域情報
 
コメント
相変わらずアクティブですな。。

ところで足、大丈夫ですか?
あまり無理せず、お大事に...
でないと、年取ってからお〜じょ〜しまっせ〜 ^^


  • k-co
  • 2010/06/15 8:21 PM
けーこさん

足はたまに刺激が走りますがまぁ何とか。
ねんざしたわけでなく、恐らく中学生の時やってたサッカーでの古傷が出てきただけらしいです。
  • まっつっだ
  • 2010/06/20 3:24 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

access analyze

チャーリーズ・エンジェル

ウィジェット

もじでパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM