「チョコラ!」@大阪:十三第七芸術劇場

  • 2009.07.25 Saturday
  • 00:47
JUGEMテーマ:話題の映画
映画観に行ってきました。
ケニアのストリートチルドレンにフォーカスをあてたドキュメンタリー。「チョコラ!」

「音楽を手がけるのがサカキマンゴー氏なので興味あり」という何だか純粋でない理由で映画を見に行きました。

映画館に入ったらもう始まっていて、最初の10分ほど見逃したっ ><

ケニアに対して知ってることって僕は殆どなくってね。
興味がある人以外の、まぁ大部分の日本の日本人もそうだと思うんだけど、

・アフリカ大陸にあるんやなぁ。
・マラソンの強い選手がいる。
・コーヒーの産地?

こんなくらい。(・・・ちょっと酷いかな?)

実際の経済状況や国の立場等全く知らない。

シンナー中毒で学校をリタイアして、ラリラリで街中をフラフラ歩き回って、家族にすら呆れられてる少年。
学校に馴染めずに行かなくなって、
家も出て、ストリートで暮らしてるグループ。
街中でシンナーの取り合いをしている少年たち。(野良犬ならぬ、野良人。)
エイズになって旦那と別れ、子供連れてゲットーに帰ってきたシングルマザー。


上記の人々の生活にカメラが密着したドキュメンタリー。

内容を文字で羅列したら、凄惨で、強烈やけど、

映像で見たらもっと強烈。

マスメディアがニュースで取り上げると、
「発展途上国のどうしようもない暗い状況。翻って恵まれた日本。」
とでもキャッチコピーがついて、不安をあおるような音楽で味付けして「一丁揚がり」ってパッキングされそうな気がするんやけど、

カメラがただただまわってるなかで、
不満だらけの悲惨な状況が淡々と映し出されて、
そのなかで結構明るく暮らす人々。(暗くなっても誰も助けてくれない。)

実際、アメリカのデトロイト、北朝鮮、日本だと、釜ヶ崎や山谷etcetc

ゲットー化してる都市は世界中に沢山あって、その中で人が生きているのは事実で、
何の味付けもなく、アッケラカンと状況を映すカメラによって、
僕もアッケラカンと観てしまいました。

音楽はほんの少しだけ、オヤユビピアノが映像を邪魔しないように入ってて、映画の最後の最後にバンド演奏も入ってた。

映画の題名の「チョコラ」ですがネタバレになるので詳しくは書きませんが、
『お上品な』意味のスラングみたいですね。映画を観ればわかるようになってます。

見る人によってはエグい凄惨な映像も入ってるとは思いますが、
現実を見据えた、面白い映画でした。

大阪では、7月24日(金)迄の映画ですが、8/4〜京都みなみ会館、9/19〜神戸映画資料館 ということなので、興味の或る方は是非どうぞ。
とお勧めしておきます。

ロビーで以下二点を買って帰りました。

岩波ブックレット チョコラ!アフリカの路上に生きる子どもたち 小林茂 編著
LIMBA ROCK SAKAKI MANGO&LIMBA TRAIN SOUND SYSTEM

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

access analyze

チャーリーズ・エンジェル

ウィジェット

もじでパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM