New York 滞在記('07.12.09〜12.22)

  • 2009.01.08 Thursday
  • 03:51
New York滞在まとめ。(食文化に関して。音楽は次の記事で纏めます。)

07'12中旬

New OrleansからGRAYHUNTのバスでNew York へ。

New Yorkでは、日記を附けていなかったので、大雑把なまとめ。

フリーペーパーVillage Voice を街角のポストで見つけて行きたいGIGを探す。
(Chicagoでは『Readers』、New Orleansでは『off beat』、New Yorkでは『Village Voice』というフリーペーパーが
街のポストにある。これにその町の、映画、演劇、音楽、フェスティバル等の情報を探す。)

宿は95丁目のBroadway.St。
一泊28$のドミトリ。

Hostelling International New York in New York, USA
891 Amsterdam Avenue, NY 10025-4403

hostelworld.comで調べてbook。

このhostelは3ヶ月のアメリカ滞在で、一番綺麗な、過ごしやすいhostelだった。
財布が奪われたり、物を取られたりといったトラブルは全くなかったし、
ベッドも綺麗やし、暑すぎるくらい暖房入れてくれてたしね。
只・・・キッチンは確かについてるんやけど・・・
調理用具が全くないんですわ。

各階にキッチンがあるのに・・・
お湯すら沸かすことが出来ない。
なぜなら、鍋がないから・・・

約10日滞在したけど、
キッチン使う人は1人も見なかった。。。

っちゅう訳で、
流石に10日の滞在の為に調理器具を買う気にはならず。
NYでは私は一切自炊をせず、
専ら、安い店でご飯をまかなってた。

以下そんな覚え書きです。


96thの屋台のタコス屋のタコスは毎日食べてた。
GreenPepperのソースとライムを搾って食べる。一つ1$。
beefがとてつもなく旨かった。こんなに旨いものを食べられることが出来るとは。
日本から私を連れ戻しに来た彼女(←ありがたいことですが)と毎日むさぼり食べた。
文字通りカルチャーショック。

あとは、グロッサリーでサンドイッチを作ってもらったり、
とにかくピザ屋が多くて、それぞれ美味しかった。
レベルの差はあれども、日本の宅配ピザとはレベルが全く違う。

朝、昼、おやつは、ピザかサンドウィッチをよく食べた。

サンドウィッチは、ビーフサンドが一番美味しかったな。

New Yorkをウロウロしてて、腹が減ったら、兎に角見回せば、グロッサリーとピザ屋はすぐに見つかるし、
安いからね。(サンドウィッチは3$位。1人で食べたらおなか一杯になる量。ピザも同様。)

メトロポリタンミュージアム近辺のピザは最高に旨かった。
おっちゃんが気さくで、日本語でしゃべったりしてた。
タイムズスクエア近辺のピザ屋で、旅行中であったtamupon君と食べてたら、
Policeが入ってきて、美味しそうにムシャムシャ食べてた。
パトロール中に制服着て、そんなん食べててもええんやね〜。日本じゃ考えられないな。

ハーレムでは量り売りのソウルフード屋で、色々食べた。
魚は殆ど、サーモンとティラピアやね。
ティラピアは「餃子の王将」とか「ほかほか弁当」で付いてくる、白身のフライの味。

多分、日本の「白身のフライ」て殆どティラピアやと思う。

不味くはないけど、多少臭みとえぐみがある川魚やね。

ハーレムの魚屋さんにも沢山置いてた。
ハーレムの魚屋、スーパーマーケット何かは兎に角物価が安い。

アホみたいに物価の高くて、何をやってもチップ取るNew Yorkで過ごしてると、

Chinatown、Harlemと、それ以外での物価の差にびっくりする。

それに色んな種類の食物が置いてる。

カラード・グリーンなんて、スーパーマーケットで初めて見たし。

付けあわせでとことんまで煮られてるから、
日本で言うところの、播州地方の家庭料理、「芥子菜の煮たん」とそっくり。

生のそれはイタリアのアンティチョークみたいな感じがする。
調理法如何では、色んな食べ方が出来ると思う。

ハーレムで食べたバーベキューリブは、BBQソースのかかってる煮豚で、ちょっと残念やった。
勿論、リブやからとても美味しいねんけど。
付け合せのコーンブレッド(とうもろこしのパン)。
甘くてふんわりと美味しい。カステラとパンの間みたいな感じ。

ChicagoのBBQリブレストランの味は凄かったなぁと思った。

BlackMeat。いわゆる内臓肉なんて、WhiteMeatの半額以下やった気がする。

フルーツもオレンジ5つで1$くらいやったと思う。


Chinatownのことは書いておきたい。

アメリカの大都市では大体何処にでもChinatownがあるんやと思う。

Bus乗ってると急に中国語の看板が見えてくるとChinatown。

魚屋さんでは新鮮な(生きてるし)イカ、エビ、貝なんかが売られてる。

大阪:鶴橋の魚屋さんを思い浮かべてくれれば間違いない。

露天のフルーツ屋ではザクロ、蜜柑(オレンジじゃないよ)、そら豆なんかが売られてる。

ザクロを1$で買って朝ごはんにしてた。

ショウロンポウが滅茶苦茶美味しかった〜。
肉汁のジュースをたらふく味わった。安いねん。
10$払えば、日本の中華料理屋の3,000円分くらいは食べられる。

何より凄いのが、魚介類の新鮮さ。
プリプリのイカとエビがこれでもかと入ってる汁そばが4$やねんもん!
日本やと、なんやら御託述べたえらそうなラーメンが700円位やん?プリプリのエビもイカも入ってないのに。

ベーグルなんかは、モチモチしてて美味しいかった。
それだけで一食になる。わずか1$25¢で。

間にチーズを挟んだり、バター塗ったり、薄いハムを何層にも重ねたのを挟んだりして食べた。

ハーレムのスタバと、95thのグロッサリーで食べただけやけどね。


名物アップルサイダーも飲んだ。あったかいりんごジュース。

タイムズスクエアー近辺の料理屋は高くてびっくりした。
何で、韓国料理の焼肉定食が40$もするねん!ばかばかしい。

流石世界の真ん中やわ。
華やかさと馬鹿らしさは世界一かもね。

兎に角、高い店も、安い店も、食事は美味しい店が多いね。
多国籍にいろんな店があるけど、「日本人の俺」にとっても
多分日本の都市の料理屋よりは総じてレベルは高い。

SoulFood、イタリヤ料理、韓国料理、タイ料理、中華料理、グロッサリーのサンドイッチ、ヒスパニックのタコス。

日本で食べると、「日本人向け」の味付けを感じるんやけど、
それぞれがそれぞれの国を垣間見れる味なんやね。

自分たちのアイデンティティがきちっと提示されてる。
それでいて、美味しく食べられる。

つまり洗練されてるんやな。洗練されてるけど、キチンと主張もしてる。
流石世界一の都会で、世界中から田舎者が集まる街やなと感じた。
JUGEMテーマ:NEW YORK


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

access analyze

チャーリーズ・エンジェル

ウィジェット

もじでパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM