New Orleans 滞在記Vol.6('07.12.2)

  • 2008.11.11 Tuesday
  • 12:46
12.2.Sun

朝12:00〜Tremeのセカンドラインへ。
Rebirth Brassのセカンドライン。
Rebirthを見てるとmusicがstreetで産まれているのがよく分かる。

大太鼓が格好良い。
リフが凄い。みんな興奮している。
自然とDANCEし出す。身体がDANCEしたがってるのがよく分かる。
王様と女王様に缶バッジ、ビール、ボールペンを貰う。

Highwayの高架下をくぐる時POLICEがサイレンを鳴らしながら、
Second Lineに向かってくるが、Hornの音と溶け合って
まるで、
そのサイレンも音楽の一部になってしまう。
何せ、Hornの音はバカでかい×8本くらいあるから、サイレンをかき消す。

シンプルな大太鼓の扇動的なリズムが神経を高ぶらす!

止まってる車に飛び乗って踊り出す人もいる。
ここには、primalな、本当に音楽の原初的な姿がある。

音楽が音楽のみで人々を奮い立たすのを体験する。

2時間程Tremeを歩き回り、Rui Armstrong Parkへ。
blues、jazzが産まれたその場所へ行く。

19:00頃、St Charles と Secons Street の治安のヤバイところへ
Mardigra Indian の Practice を見学に行く。

これ凄い!今まで見た中で一番凄い!

Africaや。
てか何でこんなのが21世紀に残ってるの?
全くわからへん。完璧に儀式や。
みんな興奮してる。
すさまじすぎる〜〜〜〜

打ちのめされすぎて
半分死にかけながら Maple Leafへ。

Joe Crown(Key)Russel Batiste(Dr)&Walter Wholfman Washington(Gu&Vo)を見に。
ラッセルすさまじいな〜。楽しすぎて本当に死にそう。。。
一日で良い音楽にめぐり合いすぎ。幸せ。

JUGEMテーマ:New Orleans


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

access analyze

チャーリーズ・エンジェル

ウィジェット

もじでパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM