New Orleans 滞在記Vol.1('07.11.13〜11.15)

  • 2008.08.31 Sunday
  • 04:13
JUGEMテーマ:New Orleans

11/13

ニューオリンズのルイアームストロング空港へ到着.
その晩にユースホステルで知り合った人たちとバーボンストリートへ.

どこでも音楽をやっているが、扉を開け放して+音量がでかい!

その横にはストリップ劇場。もろの写真がバンバン光ってる.
皆ビール片手に、フラフラ道を歩いてる.

ソドムとゴモラの話が頭をよぎった.

暫く歩きプリザベーションホールという小さな講堂のような古い建物に入る。
アンプ無しで,ジャズをやっている。

お客さんも満員で、耳を澄ませて聴いている。

ずーっと聞いていると、トランペットの音に聞き覚えが、、、

やわらかい、真綿で感覚を擽られているようなこの感触を体が覚えていた.

どうしても、聞き覚えがあったので終わってから話してみる.


[あなたのお名前をお伺いできますか?]

[リロイ ジョーンズだよ.]

[! え? 僕あなたのcdもってますよ.noonさんの音源で.大好きなんです.]

[あ、そうなの。ありがとう.ニューオーリンズへようこそ]

1日目から調子がいい!!

街に出れば、大体ホーンのストリートバンドがやってる。(ベースは大体スーザーホン、ドラムはマーチングだと、大太古、小太鼓に別れてるみたい.)

バーボンストリートは天国のような、地獄のような、酔っぱらいの巣窟だ.

11/14(水)
まのさんにお昼Bustersで会う。Guitarのシムラさんにも。
お昼をおごってもらう。ラッキー♪アリゲーターソーセージはこってりした味で旨かった。
そのまままのさんにWalmartへ連れて行ってもらいチャリンコを買う。70$。
New Orleansの音楽シーン、GIGが楽しい場所、Po-Boyとは何かとか色々教えて貰う。
ビーズが木に実ってる。
暑い!夏や!
Chicagoは雪降っとったのに。

夜はシムラさんと一緒に色々連れて行ってもらう。
Frenchmen Streetを練り歩く。みんな楽しい。

サルサかな?鉄の爪を指にハメてやかんを叩いている人がいたが、メチャDr格好良い!
楽器は何でもよくって、やりたいことを突き詰める感じが良いなぁ。
で、結局D.B.A.へ行きWalter Wolfman Washingtonを見る。
Drが凄まじかった!!ジェモーンさん。

11/15(木)
ユスーンドゥールがHouse of Bluesでやっていたが、しんどくなって寝てしまう。
クソー!!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

access analyze

チャーリーズ・エンジェル

ウィジェット

もじでパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM