memories of Mad Harp KATO / マッドハープ加藤氏との憶い出

  • 2016.04.13 Wednesday
  • 00:53

Carlos Johnson,Miles Davis,Charlie Parker, Naruyoshi Kikuchi, Shun Kikuta, Mad Harp Kato, Magic Sam....
in the world as U know every era exsisits the GENUIS!
i wrote about the blues musicians, as U know there are more over many many people there.

i wright about the BLUES HARP PLAYER MAD HARP KATO , from now

he lives in Japan and, plays harmonica , style is downhome blues...

i knew him by the magazine BLUES&SOUL RECORDS , his schedule was there maybe,at that time i knew MAD HARP KATO as the blues harp player.
and i went his gig, several times.

it was very nice time, i felt music is so melty , harmonica is so melty, sentimental,emotional...

several years has passed, i went comonn bath as know as SENTO, ONSEN, with he.

after that i be the friend with him MAD HARP KATO.

and,,, i do with him as the bass player. especially Kontrabass in JAPAN.
at the past i was ill for 1 years, at tmat time he came to visit me, and "how are you? are you alright? "and he came back to his home....

said nothing about music , just came to meet me how are i?

i was so grad , no doubtly, its no matter... so so grad !!
my mother(she knows nothing about he) said "Mr.Kato is good,and i gave him Lunch and he ate SOMEN is japanese traditional noodle"


マッドハープ加藤氏 との 憶い出

最初に出逢ったのは、雑誌ブルース&ソウル レコードに掲載されいた彼のCDに対する音楽評だったと記憶している 
狭い世界なので、その後何度かGIGを見に行く機会を得て、一緒の板の上に立つ機会を得た
自分はその時から彼のファンだ

音に対する責任感 と言えば良いだろうか。。。
聴いた人間には自明だが、「あ〜、今日はこの音に浸ることが出来て幸せだなぁ。音って鮮やかなんだ。音楽って目を瞑っても彩りに満ちていて、音自体が踊ってるんだ〜〜〜」

と、理解出来る

それは、音楽に普段接することない人にこそ伝わる、音楽の恐ろしいところであり、当たり前の認識だが、

彼のステージは、マイルスのそれと同じく、リスナーがどんな人間かを選ばぬ、圧倒的な才能を持つ一流の異端児の世界観の提示である

マイルスと加藤さんの違うところは、自分(グルーヴィンのことねwww)に優しいところですね(笑)
まぁ、マイルスと物理現実空間で喋ったことがないから、そういう表現になるけど、マイルスは、マイルス自伝を読む限り、マッドハープ氏と似てるというか、そっくりです。
音の鮮やかさというのは、嘘がつけない 
目が醒めるのは、本物だけだ
まぁ、何が言いたいのかというと、 
自分は半年に一度なり、一年に一度なり、ブルースハープのワールドフェイマスな人であり、心から生み出されるフレーズを出すマッドハープ加藤さんと一緒にGIGが出来て幸せだなぁということ

人との繋がりは、今の時代SNSが重要かと思いきや、そうではなく、その裏にある人との心の交流が自分自身の現状を成り立たせる
ということ 
自分にとっては、何十年も先を行く、色鮮やかな音世界を提示し続けてる偉大な先輩と一緒にGIGをし始めて、5年経つが、未だに読んで頂いた時は前日まで緊張している

というわけで、加藤さんはすごいなーーー








JUGEMテーマ:ブルース
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

access analyze

チャーリーズ・エンジェル

ウィジェット

もじでパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM