ぼくのなつやすみ 笑

  • 2015.08.31 Monday
  • 17:30
そろそろ夏も終わりで、瓢箪の季節(って何だ?(笑)がやってくるその前に

ぼくのなつやすみ

的な記事でも。。。

昨日は久々何年ぶりだろうかJames Blues Land でのGIG
KOBE Depot Sonic
Vol.1
Gin Bucksにて

神戸の海が一望できるふかふかの椅子が嬉しいメリケンパークの山側43号線の海側
元町郵便局から徒歩10分

もっとも神戸らしいこの大好きな場所で演奏させていただく機会を頂いてもう既に10年ほど経つ

最初は平日のBlues Sessionに月に一度通っていたのが、いつの間にか出演するようになり、様々な著名な方の前座を務め、自主企画イベントをさせて頂いたのが新開地WELLでの2010年 対バンは「神戸amp Orchestra」

イベント名も「新開地WELL vs 神戸amp Orchestra」だったかと記憶している

思い起こすと感慨深い

抜群のロケーションということもあり、5年前のイベントでは映画のカメラが入っていたとオーナーの鈴木さんから聞いていたが、未だ映画は見てない
果たして、無事クランクアップを迎えたのかもわからない

様々なバンドを渡り歩き、助けられ、自分のバンドを潰しては作り直してやってきたが、前述の新開地WELLも既に解散して5年経つ

なので、昨日は力が入りすぎた、というのもイベントに最後までいる事が出来なくて途中で退出したから

折角なので、新開地WELLの演奏でもレパートリーだったI will play the blues for youが偶然Gin Bucksの一曲目だったので、
両方の映像を揚げておく(WELLのその曲はなかったので、B.B.King の Why I sing the blues)

少しは成長したのかな?いやいや、調子にのるな いやいや調子に乗れw

みたいな気持ち(笑)


又James で客様 出演者に逢える日を楽しみにしている
今回のイベントは又続くようなので自分がその場所に行けるよう精進精進

(調子乗りの自分を知ってる人間がこの言葉を見たらどう思うかな?笑)

総てのグループが凄かったいいイベントだったと思います
ReyFunkRules が一番自分の好みで思わず見入ってしまいました
昨日お越しの客様、出演者の皆様、マスター鈴木さん、スタッフの皆様、主催のまっさん、バンドのメンバー その他、譜面を探してくれたスタジオの店長(笑)神戸の六甲山、いろいろw
ありがとうございました!

※追記 毎回毎回、一つ一つの公演に思い入れがあり、こだわりもあって、都度記事にしてきたんですけど、
最近理解しました。

間に合わない(笑)

なので、心苦しいですけど、今後はどこかにまとめます。
ブログでもいいのですけど、もっと分かりやすい形にします。

自身のHPを作って、公演情報としてまとめていく予定

取り急ぎ、9月2日(水)Brothers&Sistersにて、John's Nightに出演(だからいつもギリギリっす兄さん。。。)

因みに昨日はおニューの楽器 BucchasのElectric BassGuitar 「綾櫻(Ayazakura)」の初めての本番での使用
今後も使っていく


JUGEMテーマ:ベース
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

access analyze

チャーリーズ・エンジェル

ウィジェット

もじでパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM